たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  府中市 府中市

2016年02月23日

府中駅南口が生まれ変わります。 年度末には・・・・

京王線府中駅南口の再開発工事が順調に進んでいます。現在はこのような巨大なクレーンが空中高く活躍しています。

ここに建設される再開発ビルは地下4階、地上15階建で、そこには共同住宅(140戸)、商業施設、公共施設、駐車場、駐輪場(約550台)が予定されています。特に市民活動をしている人々が待ち望んでいるのは公共施設として利用できる市民活動サポートセンター(仮称)、 コミュニティセンター(仮称)、ホワイエ、総合情報センター(仮称)、小ホール(仮称)等の施設です。16年度竣工予定ということですので、今年度末までには完成するようです。

現在の市民が集う場としての施設はかなり老朽化しており、狭くて、暗い感じですが、これがオープンすると広くて快適な空間になるものと期待されています。新しい施設は市民を惹き付ける場となり、市民が気軽に利用できる場になることと思います。


府中市の木は、このけやきです。駅前のケヤキ並木付近は市民の憩いの場として、一年中市民があふれています。


そして、市の花は、この梅の花です。現在、府中市郷土の森公園は「梅まつり」が催され、連日、観光バスも押し寄せる花見の観光地になっています。
  


  • Posted by soushin2 at 21:31Comments(0)

    2016年02月14日

    府中市 村の鎮守様です


    どこの神社かわかりますか? これは府中市にある 是政八幡神社 です。 
    この神社は豊臣秀吉小田原攻めの時代のすぐ後、天明3年(1783)ごろにここに鎮座したとされています。現在は村の鎮守様として崇敬されている大事な八幡様です。


    この神社の入口に聳え立つ大きな樹木は、府中の名木100選にも選ばれた巨大なケヤキで幹回りが5m以上もあります。


    幹回りはこのように立派なのですが、さすがに数百年の歴史を物語る様に、幹の内部はこのようにかなり厳しい状態になっています。


    とはいえ、歴史の持つ重み。頂上部こそ枯れた部分もありますが、新しい枝も増えて来て、まだまだこれから先も青葉を茂らせて見せてくれることと思います。
      


  • Posted by soushin2 at 16:39Comments(0)