たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  府中市 府中市

2017年09月13日

為せば成る 上杉鷹山


有名な上杉鷹山の言葉です。現代の社会でも大いに称えられる言葉です。気持ちの持ちようで、少しぐらいの困難は乗り越えられるという模範的な言葉ですね。

現在は定年後の日々を健康第一に過ごしていますが、それも生活のリズムと気持ちの持ちようです。

年齢は重ねても、いつまでも若い気持ちをもっていると元気に過ごせます。

 街に出ると 70歳代 80歳代で軟式野球に取り組んでいる仲間がたくさんいます。 11月にはそういう方々の野球大会があります。
現在、ひたすらに打ち込んで、しっかりと練習しています。


さて、この鎧はとある旅館に飾られていたものです。多分、手製だと思いますが、結構立派に出来ていますね。


これは胴の部分ですが、赤糸縅ならぬ、緑糸ですが、こうして組み合わせると、如何にも本物らしく豪壮に見えますね。
胴の部分は柔軟に動けるように「揺るぎの糸」で、ゆったりと縅てあります。


これは肩の袖の部分です。如何にも鉄板をつないであるように見えますが、実際はボール紙を型紙に合わせて接着剤で貼り合わせ、
そこに2重3重のペイントを塗ったものと思われます。(最近、甲冑を見ると、すぐに見分けることが出来るようになりました。)

実は自分でも現在自作の甲冑を作ることに取り組んでいます。ほぼ完成の段階まで来ましたので、
11月の府中駅前の商業ビル5階にある市民コーナー「プラッツ」で開催される「市民主体のお祭り」に自分で着用して
出陣?するつもりでおります。

甲冑の良さを是非ともアピールしたいと考えております。

同時に健康に毎日を楽しみながら生きていることの、喜びを伝えられたらと思っております。


Posted by soushin2 at 10:16│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
為せば成る 上杉鷹山
    コメント(0)