たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  府中市 府中市

梅雨が明けたら 多摩川へ 

梅雨が明けたら 多摩川へ 
天気予報でも 長い梅雨ももうすぐ明けるとの声が聞こえるようになりました。

梅雨が明けたら、気晴らしに 多摩川の堤防沿いの「風の道」でも散歩しませんか。

川の近くには ⇑ こんな木の実もなっていますよ。

 これは何の実かわかりますか?  なんと、この実は美味しく食べることも出来るんです。


梅雨が明けたら 多摩川へ 

 この実の樹木全体は、こんなに大きな木です。 これが河川敷にはたくさん生えていますよ。

梅雨が明けたら 多摩川へ 

 遠くから見ると、こんなにたくさんの木が並んで生えていますから、すぐに分かります。

梅雨が明けたら 多摩川へ 

 堤防の上から望むと、河川敷はこんなに緑深い涼し気な景色です。

 この実を食べるには、もう少し時期を待って、落下するまで見守ります。
 
 この実が落下したら、拾って、ビニール袋に水を入れて実を漬けて、もしくは土に埋めて
 (水分が切れないようにして) しばらく放置しておきます。

 2週間ぐらい経つと、外皮が朽ちてきますので、皮をむいて中のタネだけを取り出し乾燥させれば、府中産胡桃が出来上がりです。

 ただし、このタネを剥くのは硬いのでちょっと苦労しますよ。
 
 中の「食べられる実」も、小ぶりです。でも味だけは一人前の味がしますので、楽しみに食べてみてください。

梅雨が明けたら 多摩川へ 

 これはおまけの写真です。 我が家の「かりん」の実です。
 今はこんなに小さく青いので、もう少しおいて熟れるまで待ちます。
 熟れて来たら・・・・、熟れて来ても・・・、渋くてそのまま実を食べるのは無理ですので、かりん酒やはちみつ漬けにして利用します。
 これはのどの薬として、よく効くようです。






  •  
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    梅雨が明けたら 多摩川へ 
      コメント(0)